<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

見ても忘れるけどね   

5月くらいまで結構映画見てたけど夏は一気に減ってしまった。

書き出してみましょう。

6月
パリ20区、僕たちのクラス
イップ・マン序章
イップ・マン葉問
7月
インビクタス 負けざる者たち
裏切りのサーカス(映画館)
ジェイン・オースティンの読書会
ラブ・アゲイン
アジョシ
8月
フィリップ、きみを愛してる
9月
ぐるりのこと。
アフタースクール
10月
天然コケッコー
最強のふたり(映画館)
パイレーツロック
ソウルキッチン
告白
11月
おとなのけんか
ゴーストライター
歩いても歩いても
SRサイタマノラッパー
アルゴ(映画館)
その夜の侍(映画館)

この中でいいのは「ラブ・アゲイン」と「ゴーストライター」、
音楽で「パイレーツロック」かな。

「ラブ・アゲイン」はライアン・ゴスリングとエマ・ストーンのカップルの
馴れ初めから何からがおもしろくって(もちろんかっこいいし!)
フラッシュダンスのくだりは戻して2回くらい見てしまった。
b0015869_21422290.jpg
「ゴーストライター」はちょっと脚本が読めなさ過ぎてすごかった。
最後にやっと出るタイトルもかっちょいいし。
同じポランスキーの「おとなのけんか」より面白かった。
b0015869_21463933.jpg

レンタルしたり録りためしておいたのや映画館やいろいろ...。

またええ映画見たいな~~。
[PR]

by anko1212 | 2012-11-25 21:52 | 映画

山愚痴さんに遭遇 in 宇治   

この週末、土曜日はまたしても京都に行ってきましたよ...。

朝8時台に起きて、「あ、今日行こう...明日雨の予報やし。」と突然思い立ち

ぱっぱっぱっと朝食とって用意して11時過ぎには黄檗の駅にいた。

黄檗(おうばく)に行ったのはパン屋の「たま木亭」に行きたかったからです。

朝からお客さんが狭いお店でパンを買う買う。私も流れに任せて買う買う。

しっかりがっつり系のパンが多くて重っ。予想外に1800円くらい購入。

それからひと駅戻って本命の宇治の平等院へ。

山口晃 襖絵奉納記念『重要文化財養林庵書院』特別公開

先週は京都駅、今週は宇治へですよ。私にしては珍しすぎる行動力。

平等院は小学生?の遠足以来だと思うな...ほんと忘れてる。

お茶の香りが漂う参道を通って寺の入り口に行って養林庵到着。

山口晃さんご本人が書かれたそうです。
b0015869_22243373.jpg
靴を脱いで古いお宅にお邪魔したかのような廊下が坂になってて

宇治の橋と同じ物が使われてるとか。(かなり不確か)

そして襖絵の間にお客様が数名見入ってる後ろ、部屋の隅に座ってる男性...

ななななんと山口晃さんご本人じゃないですかぁ!

え?まじで?なんで?うそや、いや本物や。

もーーびっくり。

本人に尻向けて襖絵見るのが申し訳ないってか恐れ多いってか

どきどきしつつも14枚の来迎図・山口バージョンを見入ります。

機関車の細かいメカ描写、乗客の人々、京都市街地、

そして藤棚の南無阿弥陀仏(平等院)、これが期間限定ってもったいないなぁ。

もともと重要文化財の書院も見学して(お庭がなんか落ち着く)

気づいたら客が私だけになってたので、思い切って話しかけましたわ。

こんなチャンスないのでサインと握手もしてもらいました。

サインはチケットの裏...何も持ってないのが情けなかったです。

こんなチャンスををを~~~~って。

なんか庵を出た時は足元ふわふわしてたかも。

その後鳳翔館を見学、雲中供養菩薩像が素敵過ぎでした。

10円玉の裏の鳳凰堂は工事中で覆われてちょいと残念。

(先週のトークショーでは薄い膜からうっすら見えるシルエットがいいと)

お寺の紅葉はちらほら、赤いものはかなり赤かった。
b0015869_2248925.jpg
ちょいちょい中を見廻って寺の出入り口の看板にこんなのが書いてた。
b0015869_22511939.jpg
来院中って完全に見逃してた!

いや、行ってよかった!

いいもん見れたしご本人にも思いがけず会えたし。

(公開中、現場に来れるときは来てるそうですが次の日の日曜は来れないとのことでした。)

ほっほーー!
[PR]

by anko1212 | 2012-11-13 22:57 | 日常生活

山口さんの山愚痴話   

土曜日は珍しく京都に行ってきました。

普通なら絶対に行かないよ。秋の京都だなんて...

とにかく人は多い、電車代かかる(大阪は定期がある)、

どこ行くのも寺行くのも金金金...性に合わないんですよね。

だから普段は行かないんですけど行ってきました。

平等院養林庵書院 襖絵奉納記念 山口 晃展
~山口晃と申します 老若男女ご覧あれ~
b0015869_1956642.jpg
これのトークショーにも参加。

250人が完売だったそうです。私の整理番号はぎりぎりでした。よかった...。

山口さん、写真や番組で見た通りの柔らかい緩やかな、でも途切れなく

話慣れた1時間のトーク。

内容は最初に前置きで話されてたように

「為になることはほとんどありませんので」との事。

平等院への奉納屏風絵、「えき」KYOTOでの展覧会、

新しい著作「ヘンな日本美術史」、新しい作品集について

いろいろ脱線を挟みつつ(脱線に上記の内容が挟まれてたとも!?)

すごく楽しかったです。ほんと司会とかなしで一人喋りですからね。

吉幾三×エルレガーデンのマッシュアップ
はすごいですよっ、コードとかぴったりですって話をしてましたから。笑った。

最後の質疑応答もなかなか、老若男女の老若女ががんばってました。

その後展覧会に行って作品鑑賞。

細かい線でみっちり描かれてる東京や大阪や京都の洛中洛外図とかみんな

顔寄せて見入るからすごく作品前が混むんですよね。

これは本当に仕方ないんですけども。

小さい個所に遊び心があったりするからまた見逃せなかったり。

新聞小説「親鸞」の挿絵の原画がたくさん出てたのも面白かった。

新聞にのせるより少し大きくした大きさ(7センチ×10センチくらい?)で、

鉛筆・ペン・墨等を使って精密に、ラフな線で、滲んで、

色んなテイストの挿絵がずらりと並んでてほんとすごい...。

上質な紙の上で物語が紡がれてました。

急遽空いてしまった壁に描かれた犬コロちゃんもかわいかったな~。

トークショーと合わせて前売り600円ってお得すぎでした。

PS.大阪の地下鉄が依頼した?電車に関するの絵があったんですけども

所有が「大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室」今度閉館しちゃう!

こんないい作品持ってるのに、大阪市が持ってるなんて知らなかった!!

もったいなさすぎるでしょ...もっともっと陽の目を浴びれるようにしてあげないと

作品も作者も泣くでしょーーが!

埋もれてしまったら元も子もない。
[PR]

by anko1212 | 2012-11-05 21:01 | 日常生活