カテゴリ:映画( 92 )   

swan lake   

先週のレディースデイに「ブラックスワン」見てきました。
b0015869_22361171.jpg
主人公を追いかける手持ちカメラがぶれてぶれて、中盤まで慣れなくて気になったけども
後半に進むにつれて果たして彼女はいかにしてブラックスワンが踊れるのか
ってのに集中。
白鳥を踊るには完璧、黒鳥を踊るには誘惑する魅力・人を惹きつけるものを
全身から発しないといけない...何度練習しても出来ない。
ライバルが私を消そうとする。監督は彼女を推しそう。
元バレリーナの母の熱心な後押し。
踊れない、踊れない、元プリマは破滅的に事故に合う。
私もああなる、あんなふうに惨めな姿に...。
色んな幻覚が見えてしまう。これって現実?え?
あなたは私と一緒にいたのに??
そして最後の最後で彼女の中ですべてが爆発、舞台に上がるのです。
怖かった。
バレリーナは大変。
見てるこっちもどこまでが本当でどこまでが彼女の見た妄想か
区別が付かない。終わったら「ふ、ふぅ~~」ってかんじ。
けど右目尻から涙一筋。これは自分でも不思議やった。
彼女の最後の安心した気持ちが流させたのかな?

しかしこの監督は傷とか痛く見せる!
「レクイエム フォー ドリーム」とかに通じる痛すぎる傷やらのシーン。
もういや!って思ったし。あの映画はほんとにトラウマになるくらい最悪な救いのない
エンディングで、3人の最後はどれもこれも人間として最悪な状態で生きなければいけない。
あーー考えただけでも嫌や。

さて、ブラックスワン。
CMで流れてるあの映像はあかんよね。
これ
このトレーラーを基にしてると思うんやけど、後半あかんやん!
その踊ってる姿、ネタばれやん!
[PR]

by anko1212 | 2011-05-22 23:00 | 映画

vs king's speech   

実は今週の月曜日にも映画を見てきたのです。
そこは月曜がレディースデイやったからなんですが、
「英国王のスピーチ」です。
b0015869_22293165.jpg
吃音症の王役のコリン・ファースの演技がすごいんです。
本当にその症状で悩んで焦ってさらに言葉が出てこない...。
もともとスピーチは苦手なのに兄の勝手さに振り回されて
望まなく王にならされて...。
この映画は戦争に立ち向かうべく国民に向って生ラジオでスピーチ、で終了ですが
本当のジョージ6世は50代で亡くなってしまいます。
もともと体が弱かったのと王になった心労と喫煙が原因とか。
関係ない話でしたね。

けど今日「わたしを離さないで」見て吹っ飛んだ。はは。
可愛い場面の写真があったので。
b0015869_2236646.jpg
初めてのお店で注文が出来なくて戸惑う3人。学校で練習したのと違う!
b0015869_2237089.jpg
私のオリジナルは...?と店内を探す。仕草が可愛い。気持ちは複雑だけど。
[PR]

by anko1212 | 2011-04-06 22:39 | 映画

never let me go   

今日は有休を取って朝から映画を見てきました。
レディースデイやから1000円やしね。

前から見たかった「わたしを離さないで」
b0015869_20262621.jpg
この海外版のポスターが素晴らしい。
主人公たちの表情は見えず誰か分からない。
けども走っていく二人の姿を映画の後に見ると...涙涙。

私、始まってから初めの方の学校で生徒が集まって校長先生の話を聞く場面から泣いてた。
全然泣く場面じゃないのに。もう、主人公のキャシー役の子見てるだけで泣けるの。
歌う校歌のメロディもどこか悲しげやし、画面の色調は一定に抑えられて
原色はほぼ出てこない。(虹の絵が一瞬出てきたような...。)
このポスターの色調なんです。
暗いってほどじゃないけど、ほわっとしてて曖昧な中間色。

何でもない場面で溢れる涙が抑えられなくて
最後まで延々泣きっぱなしでした。
キャシーの悩みもトミーの迷いもルースの葛藤も
たとえ私たちと同じじゃない存在でも心はあるし人間と同じ。
なのにルースやトミーの最期の扱いが酷くて唖然...。
いずれ来るキャシーも変わらない最期なのかと思うとまた涙が。
b0015869_20411856.jpg
それぞれの学生時代を演じた子役がまた似てるのに驚いた。
トミー役の子もすごく似てたな。
このキャシー役の子がとても良くて、ベットに座りカセットで「never let me go」を
聞く表情がとってもいい!ほんとに輝いてたな~~。
それをルースが見つめてるのが怖いんですけど...。

とにかく内容がSF(一般的な近未来とかじゃないけど)と言われてて、
それがこの物語の大きな秘密で核となるけども
それをどう受け入れるか、日常を送りどう向き合っていくか
という話、かな。
そこに男女の恋愛感情が混じって...。

わたしにとっては最近になく大きな1本になりました。
[PR]

by anko1212 | 2011-04-06 20:48 | 映画

先月0本   

今月は普段に比べると映画を見た気がする。

「息もできない」(唯一の映画館で)
「第9地区」
「3時10分、決断の時」
「17歳の肖像」
「スタートレック」
「コララインとボタンの魔女」
「アバター」

「カールじいさんの空飛ぶ家」
「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
「イングロリアス・バスターズ」
は録画。

wowowのおかげですね。
今月はグラミー賞とアカデミー賞が両方2月にあるので
明日アカデミー賞を録画してる間に解約の電話しないと。
1月だけ加入。

この中で印象に残ったのは
「3時10分、決断の時」
b0015869_23115146.jpg

「17歳の肖像」
b0015869_2314111.jpg
かな?
西部劇の男の世界と少女以上女性未満の世界。
両極端ですね。
[PR]

by anko1212 | 2011-02-27 23:15 | 映画

別の街のこども でした   

今年の1月17日にNHKで放送されたドラマ
「その街のこども」
素なのか演技なのかが分からないくらい(実際分からない)リアルを
元その街のこどもであったサトエリと森山未來が演じた。
いや、映像の中で生きていた。

凄く心に残ってるドラマなのですが、映画になるそうです。
すごーーい!異例!しかも再編集バージョン!
その街のこども 劇場版
ふたりのやり取りは最初のぎこちなさから、お互いの被災者としての意見の相違、
その街の者しか分からないこと等たくさん語り合い夜を歩く・歩く・歩く。
そして迎える1月17日、追悼式の時間。

ドラマ、凄く見てよかった。
サトエリ、良かった。
b0015869_22313280.jpg

[PR]

by anko1212 | 2010-10-18 22:33 | 映画

やっと3本   

今日は親がゴルフなんでゆっくりビデオでも見て過ごそうと思い結局3本も見た。
「扉をたたく人」
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」
「それでも恋するバルセロナ」

「扉をたたく人」が良かったかな。
陰気な初老の男性がジャンベを叩く事で心も次第に開いていく。
公園で、刑務所の窓越しに、車を運転しながら
ふとした時に手を・指を使って叩いてる仕草で次第と体にリズムが染み込んでいく。
そして移民・人種差別を目の当たりにして感情を爆発させる=人間になる 気がした。

「ノッキン~」はなんか「ロック・ストック~」をもっと荒くした感じを全体から感じた。
あと骨肉腫の人が大泉さんにそっくりだと。
「それでも~」はペネロペの一人勝ち!
セクシーなスカーレット・ヨハンソンなんて全くお呼びでないってかんじ。
スペイン(ってかラテン系)はこんな恋愛なんでしょうか...。

HDDの空きが減ってるので録りだめしてるのをもっと見ないと。
[PR]

by anko1212 | 2010-05-02 23:23 | 映画

こんな私ですが...   

最近録画しておいた映画を見てるんだけども、ラインナップが我ながらバカすぎ。
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦 」
「俺たちステップ・ブラザーズ -義兄弟- 」
「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」
の3本。全部副題があるな。

「トロピック・サンダー」は笑いどころが笑えなかった感じでしょうか。うぅ~んって。
それに比べて下2本は中年のオヤジが一生懸命我が道を貫き通すって話で
周りにこーゆう奴等がいるととっても迷惑!けど下ネタ満載でそこで笑いすぎな自分。
「テネイシャスD」なんかはロックミュージカルばりに(メタルミュージカル?)
ジャック・ブラックの器用な口から次々に歌われます。こいつがすげえ!
最初のJBの子役の歌いっぷり(口パク)演技に掴まれたな~~。
きのこを食べて幻覚見てサスカッチ(ジョンCライリー!)と遊ぶ場面の原色っぷりもウケル。
あと各章の宗教画タッチのイラストも...あげたらきりが無い。
b0015869_2337598.jpg
悪魔役はフーファイのデイブ・グロール(PVも出てたし)。原型留めてません。

この曲群を聞いてたら「R2C2」が蘇ります!
はい!大好きすぎてこの本+CD買いました!!!

いいんだろうか、こんな女で...。ちょっと自分が心配になってしまう。
[PR]

by anko1212 | 2010-03-03 23:42 | 映画

右端の小さい男に注意   

この前半分も見ていなかった「グッドフェローズ」を見たんだけど
トミー役のジョー・ペシが怖くて怖くて...。
とにかく気にいらねえ奴は殺す。
裏切りそうな奴は殺す。
へまをした奴は殺す。
口答えした奴は撃つ。
b0015869_22292874.jpg
マフィアのファミリーを描いた「ゴッドファーザー」みたいな大河ドラマでないけど
色んなエピソード挟みつつ最後は麻薬取引話。
あのヘリコプターはほんとに追われてたのか幻覚なのか?
異常な神経質ぶりは禁断症状(っての?)なんでしょう。
イタリアンマフィアは薬を捌くけど自分では絶対やるな!ってのが
掟のように言ってたきがするけど、この映画でも言ってたな。

あとかわいかった嫁がどんどんヒステリックで手がつけられない女に変化してくのが怖い。
環境が変えちゃうんだね。ひゃーー。
[PR]

by anko1212 | 2010-01-25 22:30 | 映画

岡田君 かわいいなぁ   

うぉぉぉ~~~これは見たい!!!

このキャスティングは~~っつーか岡田君、待ってました!時代劇!

髪結い伊佐次シリーズから宇江佐作品を読み漁ってます。

中でも「雷桜」らいおうは切ないラブストーリーなんですよね~。うっとり。

時代は江戸・身分違い(殿様と山で育った女)の恋。

普通なら絶対出会うことのない二人だった...書いてたらまた読みたくなってきた。


色々小説を読んでると、「この役にはこの俳優」やら色々考えてしまうんだけど

6尺(約180センチ 当時ではかなりの長身)ですらっとして

若くて潔癖な青年同心=「銀の雨」の主馬(しゅめ)役は岡田君にぴったり

けど相手役になる少々顔が...な小夜役は誰に?とか。


で、今回「雷桜」の斉道に岡田君は男前すぎる気もするけど宇江佐作品に出てくれるだけで満足。

お遊役はもっと野性味溢れる黒木メイサ...ちょいキツイ印象かな。

蒼井優ちゃんでは雰囲気が柔らかすぎるかも。なんせ「山で育った狼少女」ですから。

まあまあ、周りを固める俳優陣(お遊の家族やら)も気になるけど

ちゃんと小説の雰囲気や設定を壊さない作品にしてください!

ほんと、お願いします!
[PR]

by anko1212 | 2009-12-15 22:17 | 映画

60's rock!   

今見たい映画は「パイレーツ・ロック」!!!

だって大好きなビル・ナイ爺やリス・エヴァンス、ニック・フロストで

リチャード・カーティスが監督だし何より舞台がラジオ===ロックでしょ!

早く公開しないかなーー~~。
b0015869_2241740.jpg

[PR]

by anko1212 | 2009-09-30 22:44 | 映画