カテゴリ:仲良し( 7 )   

お久しぶりの仲良し   

昨日は学生時代の友達とで久しぶりに集まってピクニックに。
3年ぶりに会う子は京都からくるまで時間近くかかるし、
仕事がかなりの激務な環境で年賀状もメールも返事がないので
元々そーゆうキャラやから仕方なし=便りがないのは良い便りってことで。

サンドイッチを作って、友達がおつまみ作ってくれて
もう一人はお菓子、で、もう一人は遠方から来る。

で、車がなんか故障して予定時間より1時間送れて到着。
その時点で13時半...腹減った~~~そっから1時間近く車で田舎に。
閑散とした寒く黄砂で白くもやった中、小さな城跡にシート敷いて、いざ!昼ごはん!
14時半?もーーーがっつく!我ながら美味いサンドイッチ!
おつまみもオシャレピンチョスで美味い!お菓子も美味い!
腹いっぱいで寝転んだりして喋る喋る。
あの~~、別にココじゃなくっても良かったんじゃ??ってなかんじ。
薄暗くなりかけの中家老屋敷の見学とかして出たら真っ暗。
田舎は外灯も少なくってよそ者は迷うのですよ。
そろりそろりと迷ってた。

帰りは田舎のくせに渋滞...。
ピンチョスの運転手は結構荒い運転でしたね。お菓子の子は酔いかけでした。
いやーーしかし3年会ってなくて何か変わったかな?って思ったけど
何も変わってなかった。ははっ!
結婚したピンチョスは姑のことをちょいと愚痴ってたけど同居してたら仕方なし...。
かわいそうやなーとは思いましたが。
b0015869_2273021.jpg
これで大いに遊んで笑った。年いっても中身は悲しいほどそのまんま。
[PR]

by anko1212 | 2010-11-14 22:12 | 仲良し

陽水っこ   

甥っ子のKちゃんのお気に入りの曲は井上陽水の「夢の中へ」!!!
b0015869_16565223.jpg


More
[PR]

by anko1212 | 2008-06-22 17:02 | 仲良し

それはないんじゃ〜   

普段通りに起きて用意をして京都に向かう。

早めに店に入って結婚式の食事会(とゆう名の二次会)の用意を「なんでか」友達とやることに。

会はとても良かったのだが、100%祝う客になれなかったのが私としては不本意。

もっと早く段取りを言ってもらわないと...当日って。

終了後の片付けは自主的にやる始末。

結婚やし友達やから言うに言えず、一緒に黒子になった子とも話せずまんじりともしない気持ちが渦巻きながら帰宅。

母に愚痴。
[PR]

by anko1212 | 2006-05-27 21:30 | 仲良し

へこたれ〜   

朝早くに甥のKちゃんがわぁ〜〜っと起しに来た。姉の指令のようだ。Kちゃんはいっつも指令を聞いてくれる。特に人を起す指令は100%完璧に。「あと30分寝させて!」と言うと姉のところに報告にいくのだが「30分」がうまく言えない。結局姉が来て、なんでか私の布団に4人(1才3ヶ月の娘も)入る始末。なんでやねん。

午前中に家の用事を済まして庭で遊び、午後はスポーツセンターの公園で遊ぶ。夜はびっくりドンキーで食事。もちろん席は小さな子供連れた家族エリア。結構みんなお行儀よく食べてましたが、うちはうるさかったなぁ〜〜。姪のAちゃんはハンバーグを握りしめ周囲に愛想振りまいてたな。そこら中にご飯を落としながら。

夜は子供らを風呂に入れて寝かせる「手伝い」をして疲れ果て居眠り。起きたらえらい時間経ってたわ。おやすみなさい。
[PR]

by anko1212 | 2006-03-11 23:49 | 仲良し

そりゃないっす、姉さん   

昼前に起きたらおかんが姉の家に行くってので、寝起きのままパンと飲み物持って出発。

家に着いて髪を切った話になったら
「あんた、ヨン様みたいやな」

ガーーーーーーーン
ショー−ー−ーッッッック

マフラー巻いて眼鏡かけてたからやって...

帰る時にも言われた。
[PR]

by anko1212 | 2005-11-06 20:58 | 仲良し

....   

友達に「髪型いいやん。似合うやん。」と誉められて喜ぶ。
同性のほうがチェックが厳しく鋭いのでうれしいのです。

ご飯を食べる時、横に流してる斜め前髪を「邪魔やねん」とこぼすと...。
「あんた、なんちゃら国際弁護士やん。なんやったっけ~~あの変な髪型の人!」
「ゆ、ゆあさ...。」
「そうそうそう!なんか湯浅っぽいで!」

軽く落ち込みました。
次の日も言われたので、思いっきり頭を振って似せてきました。
あぁぁ~~~、なんか悲しい。この役回り。
[PR]

by anko1212 | 2005-11-04 16:13 | 仲良し

最近の共通のお願い事   

昨日の3人+1人で京都で写経しに行く。みんなで前から行こう行こうと言っててやっと行けることになった。経験無しなので非常に興味ありあり。

観光客の溢れる京都駅からバスに乗り泉湧寺の雲龍院へ。この辺りはそんなに観光客が少ないめやから非常に落ち着いている。坂を長いこと登るので着いたらなんか寒い!日陰やからと思ったけど、やっぱ冷えるのです。

お寺の方にお堂の説明を受けてから、口、手のひら、頭を清めていざ写経開始。薄く般若心経が書かれてる半紙を朱でなぞっていくのですがとっても難しい。なかなか上手く書けずはみ出していく。
b0015869_23575934.jpg
ここで私に問題が。お手洗いに行きたいのだ。いつからって待ち合わせした時から。タイミングが悪くていまだ行けていなかった。お香のようなもので手を清めたから行くに行けない。ええ、我慢して全部書きました。途中足の痺れも襲ってきて、とても写経する姿勢じゃない姿(ヨガでいえばコブラや猫のポーズ)と荒い息で書いてました。早く書かないと...トトトトイレレレ...しびれしびれ!!そんな煩悩盛り沢山な気持ちを込めた写経。もう乱れまくって悲しくなった。

最後にお願いと住所氏名を書いて奉納します。お願いは写経に集まる若い女性の大半と同じです。奉納してあるのを何気なしに見たら全部「良縁」関係でびっくり。もろにでっかく「結婚」って書いてるのもあったし。自分を含めた昨日の3人も同じでした。

写経後、綺麗なお庭を眺めてお茶とお菓子を頂きました。まだほんのちょっとの紅葉しか見れなかったですが、なんだか心が癒されました。寒い空気がぴったり!

ここの台所に大黒天がいらっしゃるのですが、足が1歩前に出てて走ってはります。驚きです。しかしもっと驚きなのが、その台所がほんとに住職一家の台所兼憩いの場っぽいからです。私がいきなり大黒さんを見に入ったので、私も向こうも驚いていました。突然入ってすみませんでした...。私っていつも思いついたまま動くんで。
[PR]

by anko1212 | 2005-11-03 23:16 | 仲良し