血が騒ぐ アイリッシュパンク!   

因縁の、とゆうか何とゆうかフジでの醜態の原因を作ったバンドを見てきました。




FLOGGING MOLLY@BIG CAT

b0015869_050420.jpg
いやいややっぱり、たーのしかったぁーーーっっ!
あの音楽聴いたら動かずにはいられないです。
アイリッシュパンクといえばバンジョー!アコーディオン!フィドル!そして雄叫び!
お客もずっとジャンプにモッシュやダイブ、ステージダイブもありましたよ。
しかもありがちな暴力的なものも殺気立った雰囲気が皆無。笑顔で突き飛ばしてんの。
私も最初は普段より控え目に真ん中辺りにいたんですが、
我慢できず暴れゾーン横でジャンプしてました。

バンドはオーストラリアに荷物を忘れてきたらしく
(下着はコンビニで買ったってほんまか?)衣装がないので全員浴衣でライブ。
アンコールまで誰も脱ぐことなく。ものすご律儀!!
全員右襟が前やったのが惜しい...。

実はフジで初めて見ただけでCD持ってません。
あんなに楽しんどいたくせに、こりゃ買わないといけませんね。
でもライブのほうがいいんやろーなー。

終わってから下りて来たマンドリンの人(物静かな渋い男前タイプ)と握手して、
ギタリスト(つるっぱげな川平慈英似)の汗でべとべとの頭を触りました。
ちょーっとキモかったです。

外国人の客で、パンクのライブはこーゆーもんだ!と言わんばかりに
動いて肩組んで突っ込んで肩車してる人がいてたんですが、
彼を見てるだけでも笑えたな〜。
名付けて、パンクライブインストラクター。
日本男児はライブ初心者の子供に見えたよ。

さて、フジで見た時は楽しすぎてビールを飲み意識を無くした私ですが、
もちろんアルコールは飲んでません!もうあんな経験は嫌ですので。
[PR]

by anko1212 | 2007-04-12 22:43 | ライブ

<< 何もない夜 眼鏡ダンサーのライアンは結構男前 >>