大所帯対バン   

渋さ知らズ vs FES@BIC CAT



何年もフジに行ってるのに一度も見た事がなかった
渋さ知らズオーケストラ!
ほんまに今まで相性が、タイミングが、運が悪かったのよね~~。
ほとんどが私の疲れが原因で、
待って待って疲れてシビレを切らせて移動、ってパターンばっか。
今回bigcatでやっるっつーんで行きました。

対バンのFES(フラットアースソサイエティ)と
どっちが先にするんやろーと思ったら渋さが先。
ドリンクに並んでたら楽屋方向から白塗り舞踊とホーンが!
ホール→フロア→ステージとハーメンの笛吹き状態。
真近も真近、目の前で白塗り人が体を痙攣させる姿に目が釘付け...。

そっから渋さの世界でしたね~。
ほんま口開けて「ほ ほぇ~~~」って言葉にもならん声が出ました。
感想は良かった~じゃなく楽しかった~~~。です。
なんか、人間すきなことしたらええんや。と思ったり。
踊る人、歌う人、演奏する人、指揮する人、みんな自由で無秩序。
それなのに出てくる音はなんとなく秩序があるし。
ギターギュワンギュワンいってたかと思うと
中近東系歌唱法でオッサンが歌う。
そんでえんやっとっとえんやっとっと。
楽しくって飛び跳ねてました。
私、いつ終わるか分からないような長い曲が苦手なんですけど、
今回はそのいつ終わるか分からんところが楽しかったんだな。
不思議。

でもフジではまだまだこんなもんじゃないはず。
ステージでかいし、人数もっといて無秩序なるし。
お客は渋さを待ってる人達だし。
今度こそはフジに出はった時には見ると誓います。

後半はFESなのですが、東欧のビッグジャズバンド。
正直ちょいと疲れた...。渋さ見た後だとやっぱ霞んでしまう。
15人中10人がホーンだけど、1曲くらいしか迫力感じられなかった。

見てて面白かったところは
ホーンは前後2列、自分のパートが終わると横にはける。
横が吹いててもはける。横から見守る。
自分の番が近付くと戻る。これの繰り返し。せわしない人達。
あとコーラスする時ホーン用のマイクを使うから
みんな猫背。9人の男どもみんな猫背。(女性が1人ホルンで座ってる)

終了後、久々の長時間(3時間半)でなんかぐったりしてしまいました
[PR]

by anko1212 | 2006-11-16 23:40 | ライブ

<< 並べただけ Jarvis、一人ライブ in... >>