あなたは何色?   

ウーマンリブ vol.9 「七人の恋人」@大阪厚生年金会館芸術ホール



b0015869_2183215.jpg
ついに見れた!ウーマンリブ!前回の「熊沢パンキース」はチケットが取れなくて見れなかったのです。(確かwowowでやってたけど撮れてない。)今回は先行予約があったのに日を間違え忘れてe+でやっとこさ取れたーーー!!って喜んで、いざチケットが来たらなんと2階の最後列........。ついてなさすぎっ。来た直後はショックで落ち込んでたのですが、1週間前になったらなんだか俄然楽しみに!見れるだけでも有り難い!!

定時で仕事を終え徒歩で会場に向かう。途中本屋やパン屋に寄って微妙な時間調整。従姉妹と合流して入場して最後列に座る。買ったパンをがっつく私。グリーンオリーブダイスが沢山入った天然酵母のパンがおいしくって一気食い。話も半分くらいしか聞いてなかったような...ごめん。

場内が暗転してスタート。演劇の舞台なのに左隅にドラムとギターがセッティングされている。なになになに??演奏すんの??演奏できる人はいるからな〜。(sakerockとグループ魂)学校の音楽室のコント(!?)。笑えるんですけど、みんな結構押さえ気味?くすくすっと笑ってたらその三人(sakerock星野とグループ魂三宅宮藤)が登場して演奏開始。これがとんでもなくかっこえええええーーーーーーー!!!中国風なおかずを盛り込んで変拍子でぐぐぐぐーーーっと引き込まれていく。このままずーーと演奏してくれへんかな〜。私はあんまりインストで引き込まれないねんけど、これはかっっっっこいいっっっっ。スクリーンが出てきて「7人の恋人」のPVが生演奏をバックに流れる。出来ること、使えるものはどんどん採用してったのでしょうか。アイデアが尽きませんね〜〜。おもしれーー。この後バンドもスクリーンも何回か使われてました。

「7人の恋人」なので7つの話で構成されて、いくつかの話がリンクしてたので客席から「はぁ〜!」って声が聞こえたり。(私も出した。)7人の演者は何役も楽しそうにかつ忙しそうに演じてました。妊婦、ハゲ、ヒーロー、高校生、no.1ホスト、ヒーロー、役者志望、AV女優、怪獣、ゴスロリ、ダンサー、インストラクターetc、そして恋人。思いっきり笑わせてもらいました。席が後ろってことなんて全く問題無し!すぐ目の前でおかしな世界が繰り広げられてて楽しかった〜!

濃すぎる役を何個も演じてた阿部サダヲさん、声が枯れまくっててびっくり。この前生ラジオ出てた時は普通やったのに。「自分でもどんな声が出るか予想できないんです!」「こんな声ですいませんっ!」と何度か言ってましたが、滑舌は絶好調。動きも最高潮。ホモのマタニティービクスインストラクター(長い!)の動きなんて!ただゴスロリはかなり恐かったです。ってか絶対あんな子いる。
あんな長編だとは思わなかった「ほとんど×三宅マン」の三宅弘城さん。すみません。全然存じ上げませんでした。声でかーー!まじで手足短ー!なんかどんくさそうで貧乏くじ引いてしまいそうで人が良さそうで根性だけはありそうで体操選手体型。AV女優、妊婦、そしてドラマー。全く表情が違います。目が離せませんでした。
尾美としのり、田辺誠一のはっちゃけぶりにも頭が下がる。(尾美さん、学生に女装だもん)若手の小路、星野はサポートでした。それでもかなりやってるけど。クドカンも演出メインだったのか役は地味でした。びっくりするくらい痩せててひょろ長かった。

最後は赤黄(カレーうどんの汁)白青緑(カレーうどんの葱)オレンジ黒の学ランに身をつつみ、優しい声の恋人(薬師丸ひろこさん!)にアピール!そして恋人の歌をみんなで歌いフィナーレ。第二ボタンをちぎり床に置き「ありがとうございました!」指揮者の田辺はカレーうどんのどんぶりを床に置き「ごちそうさまでした!」。最後まで大笑いさせてもらいました。

ちなみにこの写真のキャラは誰ひとり出てきません!
[PR]

by anko1212 | 2005-11-18 21:05 | ライブ

<< ピンポイントご近所 ぶらり旅 1、2、3! >>