眉毛は太かった   

hard-fi@心斎橋クラブクアトロ



前座があったので7時に会場に入ると同時に演奏スタート。THE RODEO CARBURETTORとゆう3ピースの日本人バンド。なんでhard-fiの前座?ってぐらい毛色の違う音でした。ブランキーやミッシェルの影響受けたようなかんじ。昔の私なら反応してたかもしれんけど、今の私には全く関心の無い音でした。他のお客も拍手はするけども全く体動いてなかったな〜。ライトに照らされたお客の顔を斜めから眺めてると30分位で終了。

前のほうで待つ。始まるまでヒップホップや今のバンド(インターポール、DFA、ブレイバリーとか)の曲や自分達の曲をmixしたようなのが流れてておもしろかった。

メンバー登場で前方に男の子達が来てあんまり見えなくなってしまったが、まぁそんなに見えなくてもいいバンドなので(酷い??)気にせずその場で踊りました。voの声が風邪なのかツアーで潰したのか出てなくてびっくり。伸びのある声はどこえやら!?声が聴きたいところで演奏だけだったりで、今いち周りのはしゃぎっぷりに付いていけず。ベース君はコーラスしてたんやけど。このベース君、出てきたときしてたサングラスがポリシックス並に横に薄くて笑ってしまった。しかしみんなジャンプしてたな〜。ジャンプ具合にもびっくりしたもん。久しぶりに床が揺れるのを冷静に味わいました。(いつもは飛んでる側なのでわからん。)途中歌い出すまでわからんくらいアレンジされたwhite stripesの7nation armyやっておおおおぉぉぉ〜〜!あのギターリフはありませんでした。アルバムでも耳を引くメロディカも使ってアルバム全部したのかな?ラスト近くのstars od CCCDは、やっぱり声が出てなくて「カラオケ?」と思ったほど。(言いすぎ?)演奏は酷くはないので(なんか微妙な言い方するな、私)声が惜しい。曲も良いし。

本人達は何回も感謝の言葉をライブ中に言ってたのが好感持てました。「see you soon!」と2回も言ってたので次ぎはフジ?出るならマーキー枠か、今度は声出していこうぜ。次に期待するぜっ。
[PR]

by anko1212 | 2005-11-15 23:45 | ライブ

<< おかしな目覚め 若手の太眉度NO.1 >>