見れてよかった   

ちょうど5時に京都市役所駅を出発し、6時半の四ツ橋の厚生年金に間に合いました。
もうだめだと何回も思ったけど、「浜村淳の話もあるやろうから」と諦めずに行けました。

ミリオンダラーベイビー





女ボクサーのスポ根ものだと思い込んでたので
思いがけない怒濤の責めに涙を止める事が出来なかった。
普段から涙もろいのはわかってるけど、両方の目尻から出るわ出るわ
ブラジャーの下の方まで落ちてった。やばっ!と思って拭いた鼻水はすでに
ぐちゃぐちゃになってた。もう感覚おかしなってた。

ボクサーとして輝いてた姿があるだけに、その後が不憫でなりません。
その姿をそばで付き添うのも辛い。
お互い無意識のうちに疑似親子の感覚になってたから。

ローブの刺繍の意味「モ クシュラ」を思い出すだけで今も涙が出てきてます。

重くていろいろ考えてしまう映画です。

とにかくヒラリー・スワンクはすごいです。
[PR]

by anko1212 | 2005-05-13 23:11 | 映画

<< 男兄弟も仲がいい 北海道っておいしい >>