春琴抄+陰翳礼讃   春琴   

またしても経ってるね...えへへ。

フジロックも終わってビョークのライブも残り1回、

なにもどれも見れないまま真夏過ごしてます。


7月の終わりの土曜日に西宮であった「春琴」。

見れてよかった...。

主役の春琴を深っちゃんが演じると思ってたんだけど、

確かに演じているけども中盤まで声だけで

文楽のような形でびっくり。

人形→仮面女性→深津と年齢を重ねていくと共に変化していく。

(特に深っちゃんへの変化は劇的!)

1本の棒を三味線やお墓や障子に見立てて

少ない小物でたくさんのものを想像させてくれる。

灯りはろうそくを使ってた昔のようにぼんやり、そして闇。

三味線を演奏して拍子木で動きを現わしたりして

少ない音ながら強烈。
b0015869_2154767.jpg

んんーーーほんと話も演出も耽美で強烈で

まだまだ胸に残ってますよ。
[PR]

by anko1212 | 2013-08-05 21:54 | ライブ

<< お家でかき氷 今日を生き抜いてる >>