涙 そして意識   

昨日今日は親戚のおばちゃんのお通夜と告別式でした。
家族で行ったし近所なのでなんか安心しました。
久々に見る親戚がたくさんいたので、オカンに「あれは誰?」と解説を頼んだり。

リラックスしたお通夜から一変、今日の告別式が始まると(当然ですけど)空気は引き締まり
お棺にお花を詰める段階になって涙が溢れて仕方がなかった...。
拭っても拭っても止まらないから後半もうそのまま。
棺がお花で一杯になるように何回もみんな花をもらって詰めてました。
顔の周りは胡蝶蘭で。
「もうお顔を見れるのは最後ですよ」と係りの人が言うと
また涙がどどっと。

祖母より10歳も若いおばちゃんで、親戚の中でも家族で仲良くしてお世話になってた。
病気で入院して段々悪くなってたのは知らせてもらってたけど
急に悪くなって意識が無くなって眠るように亡くなったそうです。
お年寄りですが子宮がんだったそうです。
それを聞くと女性特有の病気(子宮がんや乳がん)の検診や自分での触診をして
気をつけないといけないな...と思いました。
[PR]

by anko1212 | 2010-04-29 22:42 | 日常生活

<< やっと3本 amour >>